スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津和野の鯉

津和野観光のメインストリート「殿町通り」には、なまこ壁と掘割があります。

その掘割には、実にたくさんの立派な鯉が泳いでいて、観光客を楽しませてくれます。もともとは観賞用ではなく戦時の非常食として飼い始めたとか……。

津和野の鯉01

鯉が泳いでいるのは、カトリック教会がある方の掘割です。津和野町役場側の堀割には、鯉はいなくて、用水路になっているようでした。

津和野の鯉02

ここの鯉は、大きく立派なことから最近は「メタボな鯉」として有名です。先日このあたりを通った時も、観光客らしいオバさんたちが「いるいる、メタボな鯉じゃねー」と、話していました。

上の写真に写っている植物は、ばしょうです。六月の花ばしょうの季節には、色とりどりの鯉とばしょうの花とで、とても絵になる風景ですよ。

津和野の鯉03

津和野の鯉は、子供たちにも大人気です。このあと、この子は堀に落ちそうになりながらも、鯉にエサをやっていました。お母さんらしき人が、ギュッと服を引っ張って落ちないようにしてました。

ところで、堀割に鯉がいるのは、この殿町のあたりだけなのですが、以前はもっといろんなところで鯉を見かけたようにも思います。記憶が定かではないのですが、





comment

管理者にだけメッセージを送る

こちらにもコメント

こういう景色いいですね。
山口の萩にも藍場川という川があって
こんな感じで鯉が泳いでますよ。
津和野と萩はご近所さんなので
藍場川にも遊びに行ってみてください。
ブログランキング
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。