スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴎外村ふる里

森鴎外旧居を後にして、道を隔てた「旅の駅 鴎外村ふる里」に行きました。

津和野紙漉01

ここは紙漉(かみすき)の実演がありました。
大勢に観光客の混ざって私も見学です。

津和野紙漉02

この実演をしてくださる人はお話が面白くあちらこちらで笑い声がおこります。


津和野紙漉04

実演が終わったので、右側の土産物コーナーで、和紙製品を見てみました。

津和野紙漉03

津和野紙漉06

半紙はもちろん壁掛けや扇子や人形まで、かなりの品揃えです。

津和野紙漉07

有名な「和紙人形」も、ずらりと並べてありました。

津和野紙漉05

私はここで、習字の先生のお土産に半紙を2種類買いました。
半紙の種類がこんなにあるとは、ここに行くまで知りませんでした。

レジでお金を支払う時に後ろに貼ってあったポスターに目が止まりました。
津和野の四季の写真です。
秋の津和野は来たことがないので特に気になりました。

黄色に色づいた街路樹、しんと静まりかえった津和野に大和撫子のりんとした姿を連想しました。11月、このポスターの風景が見られるでしょうか。

あの石畳が無性に懐かしく思い出されます。
二人で静かに語りながらそぞろ歩きたい私です。

初冬の津和野は大人の町なのかもしれません。
スポンサーサイト
ブログランキング
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。